TOPスポンサー広告 ≫ トキメキ妖艶ヴァンパイア☆一ノ瀬密 TOPその他乙女ゲー ≫ トキメキ妖艶ヴァンパイア☆一ノ瀬密 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

トキメキ妖艶ヴァンパイア☆一ノ瀬密 

王宮の本編もイベントも進まないのでヴァンパイアの感想いきます☆

感想と言うか、完全ネタバレストーリーの内容レビューです
閲覧は自己責任でお願いしますね♪
まだ15話中盤なので、進んだとこまでになります;

密 密2

このアプリ、配信元によって攻略出来るキャラが違うので
『一ノ瀬密』で検索かけてもなかなか記事書いてる方がおらず…
マイナーなのかな??需要ない?(笑)
宝生呉葉が人気のようですが私個人的には一ノ瀬密が大好きです(*´∀`*)
もちろん呉葉様も好きですよ♪

一通り終わったら攻略記事もそのうち書こうかな~


トキメキ妖艶ヴァンパイア
グリー版はこの7人が攻略対象になります

大雑把な流れは、この中の吸血鬼達には2つの派閥があって
特別な血を持つヒロインを巡って派閥争いをしてます(宝生派と亜蘭派)
(ヒロインの血はヴァンパイアに力を与えてくれる特別な血だった)
争いに巻き込まれながらも、
人間と吸血鬼の種族を超えた恋愛へと発展する…というお話です

ENDは3種あって、
・ヒロインが相手と同じ吸血鬼となる
・相手が人間になる
・ヒロインを守る為に傷ついた相手が、長い休眠につく…

3つ目は悲恋(所謂BAD)エンドでしょうが、SEVENTH HEAVEN聴いた後だと
そういうのもいいな…とちょっと期待♥
最近切ない系が好きなのかな?
悲恋でも美しい悲恋なら観れる!←…って言うのは夢見すぎかな;



さて、前置きが長くなりました;こっからシナリオ内容ネタバレ全開~(*´∀`*)
一ノ瀬さんは不良(?)の先輩です♪
若干時系列が前後してたり、曖昧なところがありますが大体こんな感じでした
あと、勢いで書いたので文章おかしいかもしれませんがサラッと流してください;


大学の親睦会で密含め一通りのキャラ達に出会って、その帰りに亜蘭に襲われる
そこで宝生派メンバーに助けられ、誰か護衛を付けると言われるものの
出会って間もない人を護衛に選ぶことができないヒロイン

因みにこの時代、大学に女学生は珍しく、
この学校にはヒロインとその友人の2人しか女の子はいない
なんという逆ハーレム!!!( ; ロ)゚ ゚

女の子が少ないので、護衛話を持ちかけられたところを見た他の学生達は
求婚を迫られていたのでは…とたちまち噂が広まる
大学に行けるくらいなので、ヒロインの家柄はかなり良く
一般的に言う『お嬢様』という設定(家に執事(狼だけど(笑))もいるしね♪)

ひょんな事で一ノ瀬密と再開し、噂話をきっかけに世間話したり
お昼に教室にやってきたり、野良猫の世話をしたり…
さらに2人で映画を観たり遊びに行ったり…
と、だんだん親しくなってお互い『オトモダチ』という認識になる
ヒロインは箱入り娘って感じで、天然なのかそうでないのかわかりませんが
人を疑うことを知らない超ピュアな子です(笑)


そんなヒロインだからこそ、ちょっとずつ密も惹かれていく
その反面、人を疑うことを知らなすぎる故にイライラ(?)してるときもあるけど;

亜蘭に襲われた出来事のほとぼりが冷めた頃、
再びヒロインが学校の帰り道、ヴァンパイアに襲われる
(このヴァンパイアは下級で知性がなく、密曰く出来損ない)

ここで初めてヒロインを守る為に真の姿をちょっとだけ出す密

自分もヴァンパイアだと告げ、宝生や亜蘭達もヴァンパイアでヒロインの血を
狙っていることを明かす

驚くヒロインだが、今までの密の日常の姿を知っているので、
一ノ瀬さんだけは信用出来る!
一ノ瀬さんみたいに、いいヴァンパイアもいる
と、今までと同じ関係を続けていこうとする

ここは、密も内心嬉しかったのでは?…表にあまり出さなかったけど( ´艸`)
多分このへんからヒロインに対する密の想いが変わり始めてる気がする


以降、日常生活の中でも時々切なそうな顔したり、
あんまり俺を信用しすぎるな…とヒロインと距離を置こうとする発言が出てくる
…かと思えば、血が濃くなりつつあるヒロインがいつ襲われるかわからない…
お前を守ってやる…と心配したり
自分の心と葛藤してる?

ある日、亜蘭と再び夢の中で逢い、思い切って密に相談するヒロイン
するとヒロインの血が芳醇になり、完成に近づいてきてると言われる
(血の香りが甘く濃厚になるようです)

いよいよ身の危険を感じるヒロイン
密も、大学へ行くのも家に帰るのもやめたほうがいいと言う
(家に帰っても、夢を見せられるため
 因みに、力の強いヴァンパイアは夢を見せたり記憶を弄ったりできるらしい)

そこで知り合いの家に匿ってもらえと、ヒロインをとある屋敷へ連れて行く

安堵もつかの間
中へ案内されるもどこか見覚えのある洋館にヒロインは凍りつく
後ろでガチャリと鍵を掛ける音
屋敷の奥から現れたのは亜蘭朱里
夢で亜蘭に逢った場所そのものだった

一ノ瀬密は亜蘭の腹心だった
最初からお前をここに連れてくる為の演技だったと告げる
今までの生活も全て嘘

密に裏切られたヒロインは絶望、放心状態
屋敷から出る術もなく、何より信じていた密に裏切られたことにショックを受ける

亜蘭に、もう少し血が熟すのを待つため屋敷で過ごせと言われる
その間、密がヒロインの管理をする事になる
食事を持ってきても、食欲がなく手をつけられないヒロインに密も戸惑う
亜蘭の為だったとは言え、沈んだヒロインを見るのは密も辛いらしく
何とか口に出来る食事を出そうと声を掛ける

そんな状態の数日が過ぎ、その中で少しずつ冷静を取り戻すヒロイン

心の奥ではまだ密を信じたい気持ちがある
どうせ屋敷から出してもらえない
ならば今までの密との生活が、全部が全部嘘だったのか?
映画に連れていってくれたのも吸血鬼から守ってくれたのも、
全部仕組まれたことなのか?
本当の密の気持ちを知りたい、確かめたいと思うようになるヒロイン

密に話を切り出すヒロイン
落ち込んでいたヒロインが久しく自分に話掛けてくれたことに
密も何でも聞けよと受け答え

ここで密の過去が少し明らかになる
昔は密も人間で、亜蘭によってヴァンパイアに自らなったということ
人間の時は悪党みたいに悪いこともして過ごしていたとも


『俺は自分で望んでヴァンパイアになった、それでいいだろ』

『よくありません
 一ノ瀬さんを嫌いになりたくないんです』


『……』


何故密はヴァンパイアになったのか…
力が欲しかったからと言っていたが、
それだけの為ではないと表情や声音から感じるヒロイン

本当に自ら望んで人間をやめたのか━━━━?



というところまで☆
うーん、続きが気になります><;

このヒロインは本当に強い@@
騙された直後は流石に涙して、半ば密の事も拒絶(?)してたけど
その後はプラス思考というかなんというか…

とにかく大きく取り乱したりしないし、何か理由があったに違いない!
と自分に言い聞かせるように前向きになったり

なんだろ…ピュアすぎるのかな??
もう少し疑う心とか、人間誰しも持つ負の部分があっても良かったんじゃ…
ちょっと自分のイメージするタイプのヒロインと違うから
ヤキモキしてしまう時があるな~


物語も佳境へ☆

余談ですが、無課金の場合はどうやっても悲恋エンドしか到達できないらしいです(笑)
ホントかどうか確かめてきます( ´艸`)
それもあるからあまりやってる人見かけないのかな??






Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。