TOPスポンサー広告 ≫ SEVENTH HEAVEN アキラTOPその他乙女ゲー ≫ SEVENTH HEAVEN アキラ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

SEVENTH HEAVEN アキラ

引き続き『SEVENTH HEAVEN』から♪
今回はアキラ編です

この次は誰にしようか~…迷い中…

SEVENTH HEAVEN

前回同様、後半ネタバレ注意

ツンデレクールドSのアキラさんです(笑)

CV:野島健児さんーーーー!!(((o(*゚▽゚*)o)))


いやぁ~もうそれは可愛らしいツンデレでした(笑)(笑)

最初はクールで結構俺様的な感じですが
後半はもう完全にツンデレ♪
ヒロインの反応に対していちいち照れたり突っかかったりします

SEVENTH HEAVENの中では案外ドジっ子かいじられキャラなんじゃ…
と思ってしまう(笑)



まだイツキとアキラしか聴けてないので
どうしても比べがちになってしまうのですが…

イツキがヒロインを救う為、
自分の存在意義を否定してまで歌を歌おうとするのに対し、
アキラはヒロインが死ぬ事を初めから受け入れている上で、
せめて苦しまずに…ヒロインを見守る様に歌を歌い、看取ってくれます
送り出してくれるっていうような感じかな~

なのでストーリー自体もアキラの方はイツキに比べてさっぱりしてます
もちろんドキドキシーンはあるのですが、糖度は低め…ですね
でもアキラ編だからこそ、これ位でいいのかな~と

アキラとヒロインの立ち位置(距離感?)が伝わってくるし、
アキラが持っている本当の優しさが上手く表現されているなと思いました
そしてその分イツキの話では、糖度高め(?)&悲恋度も高めで
イツキのヒロインに対する深い愛情が引き立ってるような…

…上手く表現出来ない><;







ここからネタバレ全開です!ご注意下さい!






死神業に退屈してたアキラは安らかに逝かせてやるという条件で
ヒロインを遊び相手(?)にします

最初はきつく当たるアキラ
好きな子をいじめるのが楽しくてしょうがない、いじめっ子みたいです(笑)
あれをしろ!これをやれ!みたいな

俺が自殺を止めてやったから苦しまずに今いるのだ、と俺様全開!
因みに、何故アキラが助けたかと言うと、
SEVENTH HEAVEN達とのポーカーに負けたから
↑この勝負をしてるアキラを思い浮かべると可愛い(笑)


そんないじめっ子アキラ(笑)も純粋なヒロインと接するうちに
人間らしい感情が出てきます
そこからツンデレモード突入!

ヒロインが逝く満月の夜、
アキラは久しく色々な感情を思い出した…、
退屈しなかった、お前のおかげだ…とヒロインに感謝の言葉を伝え…
ヒロインのために歌を歌う




…ごめん、なんかですね、最初にイツキを聴いたせいもあって
アキラ編は序盤ギャグっぽく聞こえてしまった(笑)
ヒロインとの掛け合いがとても面白いです*><*

というのも、ツンデレがあまりにも可愛すぎて
ドキドキというより、ニヤニヤって感じ( ´艸`)♥♥

・シオンに騙されて、ヒロインに笑われたり
・自分からヒロインにポーカー勝負仕掛けておいて、ヒロインに負けて拗ねる
・ヒロインが紅茶を淹れてくれるのを待ってる間ふんふん♪鼻歌でご機嫌
 ↑これ想像したら本当に可愛い(*´∀`*)
 ↑しかも!紅茶はミルク1滴、角砂糖10個以上!温度はぬるめ!! 
 死神に味覚はないそうですが、これが一番お気に入りだそうです(笑)


究極のダミーヘッド官能ソング SEVENTH HEAVEN vol.1 アキラ cv.野島健児究極のダミーヘッド官能ソング SEVENTH HEAVEN vol.1 アキラ cv.野島健児
(2013/04/24)
野島健児

商品詳細を見る

『あと!これが一番重要だ!…温度は低く…ぬるめで頼む(////)』

『まだ感覚があった頃、猫舌と呼ばれる症状に悩んでいてな。
 …馬鹿らしい話だが、どうもそのクセが抜けんのだ!』

『なのにお前ときたら、見るも熱そうな紅茶を持ってくるもんだからっ…(ツン)』

一番最初でもヒロインは紅茶を持って来いと命令され、アキラの元へ持って行くも
「ただの気まぐれだ、紅茶はもういらん」と突っぱねられます
ほんとは猫舌で熱いのが苦手だったから突っぱねたのね(笑)



ホントにニヤニヤが止まりません( ´艸`)(笑)


こういうアキラの性格故にヒロインに笑顔が戻ってきます



各キャラごとにヒロインの性格も若干違ってくると思うのですが、
私は個人的にイツキよりアキラのヒロインの方が好きですね

別にイツキのヒロインがダメというわけでなく、
むしろイツキのストーリーにはとても合ったヒロインだと思っています

アキラのヒロインは、きつく当たるアキラに最初は怯えつつも、
ちょっと抜けてる(笑)アキラに笑ったりと、結構感情が表に出てきます
実際聴いてる私もニヤニヤしてたし可愛いな~と思ったし♪
そのへんがこのヒロインと聴き手の自分を重ねやすくて、
すんなりこの世界観に入り込めるから好きなのかなぁ~?

イツキのヒロインは記憶を失ってるせいか、凄くおとなしいイメージです
かなり心に影を落としてる感じでイツキとの会話も受身的な印象
イツキとのテンションの差が激しい…(笑)イツキが一方的に可愛がってる感じがする(笑)
儚くて守りたくなるタイプですね 嫌いって訳じゃないよ;


アキラの行動、仕草にヒロインは笑顔を取り戻し、
逆にアキラは人間らしい感情をもつヒロインに惹かれていく…
この相互関係が私は好きです♪


長い時を過ごしてきたアキラにとって、
ヒロインは初めて出会った特別な存在になり、
忘れたくない…ずっとそばにいたい…
でも、死の運命には抗えない…


『死神である俺にこの先どんな幸福があるのかわからない
 …もしもそんなものがあるのなら、残されているのなら…
 すべてを今、お前に捧げる』

『お前がただ…全ての苦しみから解放され、心安らかであるように…』



この時のアキラ、本当にヒロインの事だけを想っていて
死を避けられないヒロインに祈るように囁きます

これまた切ない…;;

死にゆく愛しい人に自分ができる、精一杯のことをしてあげたい…
そんな想いがひしひしと伝わってきます

死の間際、こんなふうに言って貰えたら安心して旅立てそうですね
元々ヒロインは自殺をしようとするくらい辛い日々を過ごしてきた訳で、
生きてる世界に絶望していた…
その絶望の中、最期に自分の為だけに祈ってくれる人がいる…

ヒロインの気持ちを思うと、ぐっとくるものがありますね
アキラと出会えて本当に良かったなと思います

ただ、アキラ目線だと、これから先永遠とも言える長い年月を
もう居ないヒロインのことを胸に秘めて過ごして行かなければいけない
…と思うと、やっぱり切ないですね
(でもイツキよりは救いがあっていいかな…ずっと想い続けることが出来るから)

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。