TOPスポンサー広告 ≫ 【レオ】シンデレラガチャ★プレミアピース 9話彼目線シナリオTOPレオ ≫ 【レオ】シンデレラガチャ★プレミアピース 9話彼目線シナリオ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

【レオ】シンデレラガチャ★プレミアピース 9話彼目線シナリオ

。・:*:・゚★,。・:*:・゚・:*:・゚★,。・:*:・゚☆。・:*:・゚★
プレミアピース 恋の芽生えが揃いました♪
。・:*:・゚★,。・:*:・゚・:*:・゚★,。・:*:・゚☆。・:*:・゚★


レオ PP

レオ PP2


2周目にしてやっとプレミアでたよ~!!。゚(゚´Д`゚)゚。

レオ PP3

や~ん レオレオ~~~♥(*/∇\*)♥デレデレ

1つ言えるのは、プレミアピース出なくても諦めないで引き続けてください!←(笑)
こんな私でも毎日無料のガチャを引き続けたらやっとこさ出ましたので;
気長に構えて1日1回引く気楽さで進めると良いと思います(*´ェ`*)
諦めたらそこで終了ですよ! ←偉そうですみません;


なぜガチャの『恋の芽生え編』を選んだのかというと、
第9話のサイドストーリーがどうしても読みたかったからです

ではなぜ9話? かと言いますと…
5話の『予感編』13話の『行方編』は本編の内容からして
大体想像できるからです

13話は万事解決したところ辺りだし、
5話もレオが、まだそこまで主人公ちゃんに対して深い感情はないかな~と予想><
(ちょっと主人公ちゃんが特別になりつつある…ってくらいかな?)

で、9話って言うと、ちょうどhoney/Sugarの分岐の手前で、
物語が大きく動き出すところですよね(核心に迫る部分と言うか…)
レオの目的がまだはっきりしていない段階ですが、
ここのレオの心情って凄く激しく揺れているところなんじゃないかな


1周目の時点から、ここのサイドストーリーが読みたい!
「レオ、貴方は一体何を考えているの?!」
と、ずっと気になっていましたので、なんだか心がスッキリした気分です(笑)

2周目の3話の感想の途中ですが一度レオ√はクリアしていますので
ネタバレ感想いきます♪
話が前後してすみません><;



相変わらずまとめるの下手です^^;




本編9話と言うと、主人公ちゃんがレオの部屋を訪れ、
なぜ眠れないのか尋ねるところです
レオは何も聞かずに帰って…と言って主人公ちゃんを部屋に戻そうとします

だけど放おっておけない主人公ちゃんはレオの部屋にとどまり…
レオにちょっと乱暴に(想いが通じないまま?)抱かれて、
翌朝目が覚めると、レオはいなかった…

というところですね
ここのレオ目線のお話になります

本っ当にここのレオの気持ちが知りたかった!!///><///
これ読む前に自分の1周目の感想読み直したんですけど、
私も相当モヤモヤしていたようでちょっと笑いました(笑)
よっぽどレオが謎の人になってたってことですね~…;





レオ√サイドストーリー 『信じるということ』
※完レポではありません 要点だけまとめてます

「眠れない原因があるんじゃない…?」

主人公ちゃんに尋ねられたレオ

(そんなに俺のこと見ないで欲しい
 考えてる汚いことの全てを見透かされそうだ…)

「もう戻って…☆☆」 ←またここ呼び捨てなんですよね…呼び方が入り混じってるのは演出?

「これ以上ここにいると何するかわからない
 今、気が立ってるし、乱暴になっちゃうかもしれないしね♪」

いつものように読めない表情で言うと、
主人公ちゃんが息を飲むのがわかった
それに苦笑するレオ

(…本当は☆☆ちゃんを傷付けたくない)

そしてソファに深く座り、手の甲で目を覆う

「頼むよ 何も聞かないで戻って…」
(俺の前から逃げて)

「レオ」

名前を呼ばれ、そっと腕を下ろすと
真っ直ぐな瞳の主人公ちゃんと目が合う

「私、ここにいるよ」
「……っ」

(なんで逃げてくれない?)

「…ばかだな、☆☆ちゃんは」
「…うん」

(本当にばかだよ)

強く主人公ちゃんのうなじを引き寄せてキスをする

「レオが…話してくれるまで、私待つから…」

(なんで俺のことなんか信じてくれるんだろう…)

力の抜けた主人公ちゃんをソファへ倒し
ドレスの紐に手を掛け乱暴な仕草で解いていくレオ

(教えてよ、☆☆ちゃん…っ)


………


眠る主人公ちゃんの露わになった肩に上着をかけるレオ
そしてため息をつく

「……何してんだ、俺」

泣き出しそうな気持ちになり、手で顔を覆う

身じろぎする主人公ちゃんに目をやれば、
素肌が見え、そこには昨夜の跡が無数に広がっている…

その跡をもう一度辿りたい気持ちを抑えレオは立ち上がった

なんのために生きてきたか思い出さないと… 俺は…
自分の居場所なんていらなかったのに

「バカは俺か…」

もう☆☆がいないと生きていけない、なんて…

静かに部屋のドアを開け、眠る主人公ちゃんの姿を振り返る
そしてそのまま部屋を出て行った…

(今のままじゃ、一生言えない…)





切ない…(;д;)
この時点で、レオはすでに主人公ちゃんに依存してますね
乱暴に抱いたのも、レオの中でどうして良いかわからない、
行き場の無い想いを主人公ちゃんにぶつけて葛藤していたからだった…


本当は自分は汚れていて(復讐をしようと考えてること)
それを知られたくないという思いがあり、
復讐に巻き込んで傷つけたくないから突き放す一方で、
自分を気にしてくれて、「乱暴するかもしれない」と言ったにも関わらず、
それでも受け入れようとしてくれる主人公ちゃんにすがってしまう…

相反する2つの気持ちにレオは自分で気づいているんですけど、
それをどうしたら良いのかわからない
その葛藤に苦しんでいて、答えを求めようとして主人公ちゃんを抱いた…
ということで良いのかな?


復讐のためだけを考えて今まで過ごしてきたのに、
主人公ちゃんの存在によってレオの心が揺らいでいます

いっそ乱暴に抱いて嫌われて突き放して欲しかった…?とも思える
そうすれば何も考えずに復讐だけのために生きられたのに
という苦しみもきっとあるような気がするなぁ…

「乱暴に抱く」って、存在が大きくなってしまった主人公ちゃんを
どこか無意識に責めているような印象もありますね


心地よいと思える居場所ができてしまった
そこに自分はありたい…
  →でも復讐(手を血に染めること)によってその場所は失われる
   そうなった時、果たして自分はどうなる? それが怖い…

  →じゃあこのまま主人公ちゃんにすがる?(復讐をやめる?)

  →今まで何のために生きてきた?
   殺された両親はどうなる??無念の想いを誰が晴らす?


って感じかな?


主人公ちゃん目線からだと、余裕をもっているように思えたレオも
実は凄く切羽詰まっていて、
紙一重で針の上に立っているような精神状態だったんですね
見ていて辛い…( ノД`)

お互い既に大切な存在になっているのに、
想いを伝えられずに身体を重ねるってもう切なくて切なくて><

レオは幸せになって欲しいです

Comment

管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015年10月05日(Mon) 22:39












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。